ハードウェア

全ガジェオタ大歓喜のUSB急速充電器Anker PowerPort 10長期使用レビュー

気がつけば定期的に手元に新しいガジェットが増える日々。この記事を見に来ていただいているということはあなたもそんなガジェット好きのお方でしょう。

そしてガジェットが増えると必然的に増えるのがバッテリーの管理。部屋の電源周りは充電器であふれ、いつしかケーブルが散乱しているなんてこともざら。

そんなあなたにオススメな多ポートUSB急速充電器、Anker PowerPort 10のご紹介です。

ガジェットオタクの救世主、Anker PowerPort 10

増え続けるACアダプターに終止符を打つ、非常にナイスな製品がAnker PowerPort 10であります。

私自身、この製品を2015年末に購入し、今に至るまで使い続けていますので、かれこれ約1年間使用したことになります。それからというもの、トラブルもなく、非常に快適なガジェットライフが送れています。

なお記事中の画像が公開用の写真とは思えないほど使用感に溢れておりますが、しっかり使用しているもののレビューである証拠ということでここはひとつご容赦ください(´・ω・`)

逸般人大歓喜の10ポート同時充電だッ!

Anker PowerPort 10という製品名の通り、この製品は充電用USBポートを10個搭載しています。世間でも一人あたりのガジェット所持数が増え、多ポート充電器が流行っているとはいえ、二桁のポート数を持った製品はそう多くありませんよね。

出力も大容量60W。具体的な例を挙げると、iPadが同時に5台同時に急速充電できます!タブレットコレクターの方も安心!

何も考えなくて良いPowerIQがナイス

この手の充電器では、デバイスごとに最適な電流で充電を行うよう、iOSとAndroid、その他の端末で指定されたポートに接続しなければならないものも多いですが、この製品はPowerIQと呼ばれる技術により、接続されたデバイスを自動的に振り分け、常に最適な電流で充電を行うようになっています。

何も考えず無造作に接続しても大丈夫というお手軽さと、ポートが無駄になることもないので、日によって充電しなければならないデバイスの比率が変わるというイっちゃってる方に強くオススメでございます。

10ポートの割にはコンパクトです

Anker PowerPort 10は、10ポートという狂気のポート数を搭載する割には、とてもコンパクトなボディに収まっており、同社の6ポート製品、Anker PowerPort 6に比べてもそう変わらないサイズ感の模様。背面に主電源スイッチがあるのも地味に嬉しいところですね。

電源ケーブルは一般的なメガネケーブルとなっており、サードパーティー製の物も使用できます。さらに、ケーブルを奥まで挿すと「カチッ」としっかり刺さった感触があるのも地味な高評価ポイントです。電源周りで一番大事なのは安心感ですからね。

ただし、持ち運びに便利な反面、全ポートにケーブルを挿すとほぼ隙間がなくなりますので、ケーブルの取り回しに苦労します。ここは購入してから気づいたポイント。

冷静に考えて、10ポート、要る…?

一般人向けにも旅行用等として有用かもしれない

1アダプターで10ポートという、一見どう考えても逸般人向けとしか思えないAnker PowerPort 10ですが、現代ではスマートフォンやタブレットは当然のこと、デジカメ等もUSB経由で充電できてしまいます。

それゆえ、Anker PowerPort 10のような多ポート充電器は、旅行先などでひとつ持っていると便利で安心なのではないでしょうか。

ホテルや旅館では使用できるコンセントの数が限られていますから、コンセントの消費数は1つで最大10台のデバイスを充電可能なAnker PowerPort 10は最強のアイテムでありましょう。

友人知人同士で集まる場所でも、これひとつ持っておけばその場の神となれると思います。

ガジェット好きのマストアイテム間違いなし

ケーブルの取り回しに困るとか、冷静に考えて10ポートもいるのかなど、考えることも多いこの製品ですが、それでもやはりいざという時空いている安心感は大きいですので、所持デバイスが多いガジェットオタクさんには強くおすすめしたい製品となっています。

これひとつでACアダプター地獄から解放されますので、ストレスを減らしてくれる良い製品だと思います。ではまた。


-ハードウェア
-, , ,