管理人プロフィール

中の人について

電子機器・ガジェットもの全般が好きなごくごく普通の人です。このブログではPC・スマートフォン・Web関連の情報を発信中。

作業環境

富士通 LOOX P(LIFEBOOK P8270)

私が愛して止まないコンバーチブルPC(タブレットスタイルにもなるPC)です。B5サイズでモバイルにも便利。

その上Core 2 Duo SU9300(1.20GHz)にRAM 1GB(カスタムメイドで2GB化も可能でした)と当時妥協のない性能。

元々はWindows Vista Businessがプリインストールされていましたが、WindowsとのデュアルブートでArch Linuxをインストールして運用。デュアルブートにしたはいいものの、Windowsを起動することは全くなく、ディスク容量を圧迫しているだけの状態に。

2015年12月よりWindowsを削除してArch Linuxオンリーで運用しています。窓なんていらねえぜ!Yeah!

Acer Aspire V5-131

2015年6月に友人より格安で譲って頂きました。

Ivy Bridge世代の我が家では一番若いノートPC。Celeronにしてモバイル版Core 2 Duoの上位CPU程度の性能とは恐れ入ります。時代の流れというものは怖い。

ただひとつ、私はアイソレーションタイプのキーボードが苦手なのでそれだけが残念なところ。こればかりは今の主流なので仕方がないですね。

2015年12月、RAMを8GBに増設、ストレージを500GBのHDDからSandisk Extreme Pro 240GBのSSDに変更し、超快適な一台に。他のマシンの立場が危うい。

Dell Optiplex 760

重めの作業をする際に使っているデスクトップマシン。

CPUはCore 2 Duo E7400 2.8Ghzで、こちらも古くなってしまいました。RAMは4GBで、OSはWindows7 32bit版とArch Linuxのデュアルブートで運用しています。

NEC VersaPro VJ14M/FD-2

購入当初はCeleron M 410 1.46Ghz シングルコアでRAM 512MBにWindows Vistaが載っているというどうしようもないPCでしたが、その後メモリを2GBに増設、CPUをCore 2 Duo T7200 2Ghzに換装、起動ディスクをSSDに換装し快適なPCに。

内蔵グラフィックの問題でLinux系OSで使う際の扱い辛さが悩み。

2016/06/26