ニゴロバ ~明日は256倍がんばります~

典型的ダメ人間が綴るPC・スマートフォン・Web関連の情報ブログ

Arch Linuxのインストール時にステルスWi-Fiに接続する方法

投稿日:2015年4月1日 更新日:

セキュリティ上の観点から自宅のWi-FiアクセスポイントのSSIDを非公開にしている人は少なくないと思いますが、Arch Linuxのインストール時にSSIDが非公開の状態ではwifi-menuを用いて接続することもできず、wpa_supplicantでも通常の手段では接続できません。

自分がArch Linuxをインストールする際にハマったので手順を書き残します。

なお、この手順はArch Linux以外の環境でwpa_supplicantを用いてステルス(SSIDが非公開)のWi-Fiアクセスポイントに接続する際にも応用が可能です。

接続方法

まず、下記のコマンドで無線LAN子機のインターフェース名を調べます。

# iw dev

インターフェース名が分かったら、続いて次の3行を実行します。[ssid]をアクセスポイントのSSID、[passphrase]を認証キー、[interface]を先程調べたインターフェース名に置き換えてください。

# echo 'ctrl_interface=DIR=/run/wpa_supplicant' > /etc/wpa_supplicant.conf
# wpa_passphrase [ssid] [passphrase] >> /etc/wpa_supplicant.conf
# ip link set [interface] up

このタイミングで、/etc/wpa_supplicant.confに生成された設定ファイルを開きます。エディタにnanoを使う場合のコマンドは以下の通り。

# nano /etc/wpa_supplicant.conf

設定ファイルを開くと、以下のような設定ファイルが生成されているはずです。

network={
	ssid="ssid"
	#psk="password"
	psk=キーの羅列
}

ここにscan_ssid=1オプションを追加し、以下のように書き換えます、

network={
	ssid="ssid"
	#psk="password"
	psk=キーの羅列
	scan_ssid=1
}

そして次の2行を実行することで接続が完了します。

# wpa_supplicant -B -D nl80211 -c /etc/wpa_supplicant.conf -i [interface]
# dhcpcd -A [interface]

-Linux
-

関連記事

Arch Linuxにfprintによる指紋認証を導入する

先日Linuxでも指紋認証を実装できるソフトウェアがあると知り、幸運にもLOOX Pに使用されているデバイスは対応していましたので、導入してみました。その導入方法を紹介します。

Arch LinuxでRTL8192CU搭載の無線LAN子機を使う

Linux環境ではほとんどのディストリビューションで自動認識はするがWPA認証ができない事が多いRealtek RTL8192CU搭載の無線LAN子機をArch Linuxで使うためのドライバのインストール方法を解説。

Arch Linuxでのタッチパネルのずれを補正する

LOOX P(LIFEBOOK P8270)にArch Linuxをインストールしたところ、このPCの特徴であるタッチパネルは一応動作しているものの、タッチ位置がかなりずれている状態になってしまっていた。最終的に解決することができたのでメモ。他のタッチパネル搭載機種にも流用可能だと思われます。

Arch Linuxでトラックポイント系デバイスのスクロールボタンを有効にする方法

LOOX P(LIFEBOOK P8270)にArch Linuxをインストールしたところ、スティックポイントのスクロールボタンが効かなくなってしまった。有効にする方法が分かったのでメモ。ThinkPadのトラックポイント等にも適用可能。

プロフィール

駆け出しブロガー。PCやスマートフォン、Webに関する情報をダラダラ発信中。

Twitter[@nigoroba]でも絡んでいただけると嬉しいです。