ニゴロバ ~明日は256倍がんばります~

典型的ダメ人間が綴るPC・スマートフォン・Web関連の情報ブログ

Windows 10上のExact Audio Copy(EAC)でCDがイジェクトされる問題の対処法

投稿日:2016年12月28日 更新日:

強力なエラー訂正やCRCチェックによりごく正確なCDのリッピングが行え、オーディオマニアに絶大な人気を誇るリッピングソフトのEACことExact Audio Copy。

私も日頃このソフトを使ってCDのリッピングを行っているのですが、メインのPC環境をWindows 10に移行してからというもの、困っていた点がひとつ。

EACを起動してからCDを入れると、強制的にCDがイジェクトされてしまうという問題です。

これまではCDを挿入してからEACを起動する、という単純な回避策で運用していましたが、設定により回避できることが判明しましたので、ご紹介します。

EACのドライブロック設定を無効にすることで回避可能

EACにはリッピング中にディスクドライブのオープンボタンを押してもディスクがイジェクトされないようロックする機能が存在します。Windows 10ではこの機能が悪さをしてディスクが強制的にイジェクトされてしまうようです。

不意の事故を防止する安心機能ではありますが、CDのリッピング中に間違えてイジェクトボタンを押してしまうということは滅多に考えられませんので、今回私は利便性を取り、この機能をOFFにしました。設定方法は以下の通り。

まずEACを起動し、メニューバーの「EAC(C)」→「EACオプション(E)」をクリックします。

次に「取り込み」タブをクリックし、「取り込み中はドライブのトレイをロックする」のチェックを外します。その後「OK」ボタンをクリックすれば設定が反映されます。

なお、使用している言語ファイルによって表記が違うことがありますが、一番メジャーな表記は以上の通りかと思います。

これにてEACの起動後にCDを挿入しても強制的にイジェクトされなくなったはずです。お疲れ様でした。

-ソフトウェア
-

関連記事

Windows版Firefox 52でMacTypeが適用されない場合の対処法

先日正式版がリリースされたFirefox 52にアップデートしたところ、Windowsのフォントレンダリングを改善するソフトウェアのMacTypeが動作しなくなってしまいました。どうやら今回のアップデートでレンダリング設定が変わってしまう場合があるようです。設定の変更で対処できましたので、ご紹介します。

ESETのインストール時に「競合するウイルス対策ソフトウェアを検出しました。」と表示される場合の対処法

ESET製品のインストール時に「競合するウイルス対策ソフトウェアを検出しました。」というエラーが表示され、インストールが停止してしまう場合の対処法。

ATOK 2016の実力は?ATOK Passport [プレミアム]を契約したよ

これまでATOK 2011を使っていたのですが、Windows 10での動作が怪しくなってきたこともあり、この機会にバージョンアップすることにしました。結果的にATOK Passport [プレミアム]を契約することにしたのですが、そこに至ったわけとは。

プロフィール

駆け出しブロガー。PCやスマートフォン、Webに関する情報をダラダラ発信中。

Twitter[@nigoroba]でも絡んでいただけると嬉しいです。